キッチントラブルはどのように解決すべきか

キッチントラブルの解決法

台所のつまり対策はどのようにすれば良い?

台所のつまり対策はどのようにすれば良い? 台所のつまりが起こる原因のほとんどは、油カスによるものです。
例えば、天ぷらやからあげなどの揚げ物を使った後は凝固剤などを使って処分はされるものの多少の油は天ぷら鍋やフライパンに残っており、排水溝へ流れてしまいます。
これが毎日蓄積していくことによって、だんだんと汚れが排水管を塞いでしまいつまってしまう原因となるのです。
詰まってくる前兆は必ずあり、ゴボゴボと言う音がしたり、流れが悪くなることで気付く方も多いはずです。
このような時に市販のパイプクリーナーを使って、完全に詰まる前に対処しておくと解消できるケースがあります。
また、タオルで排水口を塞いだ状態でシンクに60度ほどのお湯を溜めて、一気にタオルを引き抜いて汚れを落とすという方法もあります。
この時お湯は熱湯を使うと排水管を傷めるので必ず60度くらいのお湯で行います。
さらに言うと普段から1日1回以上台所で洗いものをしたら、50度から60度くらいのお湯を流す習慣を付けておくと油汚れが蓄積しにくく予防対策なりますのでお勧めです。

台所のつまりを解消するにはどうしたらよい?

台所のつまりを解消するにはどうしたらよい? 台所のつまりが起こった時は、費用も掛かるのでプロにお任せする前にできれば自分で解消したいものです。
排水溝がつまってしまう原因は主に排水溝を流れる油汚れや食べカス、石鹸カスなどです。
特に油汚れはゴミ受けに網を付けていてもそのまま水と共に流れてしまうので、蓄積していって排水水がつまってしまいます。
つまる前段階で流れにくいという場合は市販のパイプクリーナーで解決する場合がありますので、積極的に利用しましょう。
また、油汚れなどの蓄積の原因で完全に台所の排水溝が詰まってしまっている場合は、タオルをお湯で解決できます。
まず排水トラップを外して排水口にフェイスタオルを突っ込んで蓋をします。
この後シンクに60度くらいのお湯を張って8割近くシンクにお湯がたまったら、一気にタオルを引き抜きましょう。
すると水圧の勢いとお湯によって油汚れを一気に流すことが出来、つまりを解消することができるのです。
是非一度お試しください。